Microsoft One Driveのサービスが変わりました

2016年8月10からストレージ容量に関するプランが変更

One Drive
Microsoftが提供しているクラウドのサービスです。
無料とビジネス(有償)とサービスがありますが、
お客さまによく、

「どれを使ったら良いの?」

と質問を受け、
その時に、候補に一つに出していたのが
One Drive
でした。試しに使用される方も多いので、無料版でそのままビジネスに活用している方も
実際いるのでは・・・と心配になりましたので、ブログにて書き留めておきました。

その、無料版の容量が1/3になります(15GB→5GB)
カメラロールの特典(15GB)も終了となります。
(2016年8月10日から…)

容量が超えている方には、Microsoftからご案内が通知されていますが、
放っておくとちょっと、厄介なことになります。

90日後(11月10日頃になると思われます)
・容量がいっぱいになると『同期できません』
・容量がいっぱいになると『上書きできません』…見ることはできます

1年後(2017年8月10日頃)
・アカウントがロックされてファイルにアクセスすることもできません

1年半後(2018年2月10日頃)
・保存されていたファイルが削除される

「どうしても無料!」とお考えの方は、
5GB以内でOne Driveをお使い頂くか、
他のCloudサービスに移行をするかをご検討お願いいたします。

One Driveを継続していお使い頂く場合は、
有料版(例:170円/月 ~50GB)がお手頃です。
もし、Office365 soloをお使いの方は、年間契約で1TBが付属しているのでOne Driveを単独で意識せず
お使いいただければ良いと考えています。

【所感】
無料を盾にユーザーを呼び込むサービスは、企業側の思惑が変われば
企業主導で変更されることになります。
サービスを利用して、対価を払うのは極自然なことなのですが、
一度無料の味を覚えると、有料に抵抗感がでるものです。
過剰な集客戦争の末路に何があるのでしょう…

 「ありがとう」と「どういたしまして」が交わせる関係を私は大事にしたい。

Comments are closed.