カテゴリー: 致知

致知は、
いつの時代にも
仕事に、人生に真剣に取り組んでいる人がいます。
有名な人、無名な人を問わず、どんな世界でも各界で一所懸命に生きている真実の人たちがいます。そういう真実の方たちの体験という英知に学ぶことができるのが、『致知』です。
そんな人の心の糧となる雑誌として創刊されました。

『致知』という名前は中国の古典『大学』にある「格物致知」に由来します。
とかく現代人は、知識や情報にとらわれがちです。
人間本来の叡智とは、
「実際に物事にぶつかり体験することで初めて生きる力になる」
と考えのもと、
実践を通して本物の叡智を身につける、
という意味を込めて、『致知』と名付けられました。

匠ソフトでは、この致知を購読し、自分に適用できることや
気がつかされたことなどを、書き留めております。
旭川木鶏クラブでの読書会で発表するときの原稿ともなっております。
自己研鑽のために、致知を用いております。

致知は、
いつの時代にも
仕事に、人生に真剣に取り組んでいる人がいます。
有名な人、無名な人を問わず、どんな世界でも各界で一所懸命に生きている真実の人たちがいます。そういう真実の方たちの体験という英知に学ぶことができるのが、『致知』です。
そんな人の心の糧となる雑誌として創刊されました。

『致知』という名前は中国の古典『大学』にある「格物致知」に由来します。
とかく現代人は、知識や情報にとらわれがちです。
人間本来の叡智とは、
「実際に物事にぶつかり体験することで初めて生きる力になる」
と考えのもと、
実践を通して本物の叡智を身につける、
という意味を込めて、『致知』と名付けられました。

匠ソフトでは、この致知を購読し、自分に適用できることや
気がつかされたことなどを、書き留めております。
旭川木鶏クラブでの読書会で発表するときの原稿ともなっております。
自己研鑽のために、致知を用いております。

致知は、
いつの時代にも
仕事に、人生に真剣に取り組んでいる人がいます。
有名な人、無名な人を問わず、どんな世界でも各界で一所懸命に生きている真実の人たちがいます。そういう真実の方たちの体験という英知に学ぶことができるのが、『致知』です。
そんな人の心の糧となる雑誌として創刊されました。

『致知』という名前は中国の古典『大学』にある「格物致知」に由来します。
とかく現代人は、知識や情報にとらわれがちです。
人間本来の叡智とは、
「実際に物事にぶつかり体験することで初めて生きる力になる」
と考えのもと、
実践を通して本物の叡智を身につける、
という意味を込めて、『致知』と名付けられました。

匠ソフトでは、この致知を購読し、自分に適用できることや
気がつかされたことなどを、書き留めております。
旭川木鶏クラブでの読書会で発表するときの原稿ともなっております。
自己研鑽のために、致知を用いております。

致知は、
いつの時代にも
仕事に、人生に真剣に取り組んでいる人がいます。
有名な人、無名な人を問わず、どんな世界でも各界で一所懸命に生きている真実の人たちがいます。そういう真実の方たちの体験という英知に学ぶことができるのが、『致知』です。
そんな人の心の糧となる雑誌として創刊されました。

『致知』という名前は中国の古典『大学』にある「格物致知」に由来します。
とかく現代人は、知識や情報にとらわれがちです。
人間本来の叡智とは、
「実際に物事にぶつかり体験することで初めて生きる力になる」
と考えのもと、
実践を通して本物の叡智を身につける、
という意味を込めて、『致知』と名付けられました。

匠ソフトでは、この致知を購読し、自分に適用できることや
気がつかされたことなどを、書き留めております。
旭川木鶏クラブでの読書会で発表するときの原稿ともなっております。
自己研鑽のために、致知を用いております。

致知は、
いつの時代にも
仕事に、人生に真剣に取り組んでいる人がいます。
有名な人、無名な人を問わず、どんな世界でも各界で一所懸命に生きている真実の人たちがいます。そういう真実の方たちの体験という英知に学ぶことができるのが、『致知』です。
そんな人の心の糧となる雑誌として創刊されました。

『致知』という名前は中国の古典『大学』にある「格物致知」に由来します。
とかく現代人は、知識や情報にとらわれがちです。
人間本来の叡智とは、
「実際に物事にぶつかり体験することで初めて生きる力になる」
と考えのもと、
実践を通して本物の叡智を身につける、
という意味を込めて、『致知』と名付けられました。

匠ソフトでは、この致知を購読し、自分に適用できることや
気がつかされたことなどを、書き留めております。
旭川木鶏クラブでの読書会で発表するときの原稿ともなっております。
自己研鑽のために、致知を用いております。

致知は、
いつの時代にも
仕事に、人生に真剣に取り組んでいる人がいます。
有名な人、無名な人を問わず、どんな世界でも各界で一所懸命に生きている真実の人たちがいます。そういう真実の方たちの体験という英知に学ぶことができるのが、『致知』です。
そんな人の心の糧となる雑誌として創刊されました。

『致知』という名前は中国の古典『大学』にある「格物致知」に由来します。
とかく現代人は、知識や情報にとらわれがちです。
人間本来の叡智とは、
「実際に物事にぶつかり体験することで初めて生きる力になる」
と考えのもと、
実践を通して本物の叡智を身につける、
という意味を込めて、『致知』と名付けられました。

匠ソフトでは、この致知を購読し、自分に適用できることや
気がつかされたことなどを、書き留めております。
旭川木鶏クラブでの読書会で発表するときの原稿ともなっております。
自己研鑽のために、致知を用いております。

致知は、
いつの時代にも
仕事に、人生に真剣に取り組んでいる人がいます。
有名な人、無名な人を問わず、どんな世界でも各界で一所懸命に生きている真実の人たちがいます。そういう真実の方たちの体験という英知に学ぶことができるのが、『致知』です。
そんな人の心の糧となる雑誌として創刊されました。

『致知』という名前は中国の古典『大学』にある「格物致知」に由来します。
とかく現代人は、知識や情報にとらわれがちです。
人間本来の叡智とは、
「実際に物事にぶつかり体験することで初めて生きる力になる」
と考えのもと、
実践を通して本物の叡智を身につける、
という意味を込めて、『致知』と名付けられました。

匠ソフトでは、この致知を購読し、自分に適用できることや
気がつかされたことなどを、書き留めております。
旭川木鶏クラブでの読書会で発表するときの原稿ともなっております。
自己研鑽のために、致知を用いております。

悪い案

恐れないで信念を全うする 傾聴し練達する

Post Tagged with

致知は、
いつの時代にも
仕事に、人生に真剣に取り組んでいる人がいます。
有名な人、無名な人を問わず、どんな世界でも各界で一所懸命に生きている真実の人たちがいます。そういう真実の方たちの体験という英知に学ぶことができるのが、『致知』です。
そんな人の心の糧となる雑誌として創刊されました。

『致知』という名前は中国の古典『大学』にある「格物致知」に由来します。
とかく現代人は、知識や情報にとらわれがちです。
人間本来の叡智とは、
「実際に物事にぶつかり体験することで初めて生きる力になる」
と考えのもと、
実践を通して本物の叡智を身につける、
という意味を込めて、『致知』と名付けられました。

匠ソフトでは、この致知を購読し、自分に適用できることや
気がつかされたことなどを、書き留めております。
旭川木鶏クラブでの読書会で発表するときの原稿ともなっております。
自己研鑽のために、致知を用いております。

致知は、
いつの時代にも
仕事に、人生に真剣に取り組んでいる人がいます。
有名な人、無名な人を問わず、どんな世界でも各界で一所懸命に生きている真実の人たちがいます。そういう真実の方たちの体験という英知に学ぶことができるのが、『致知』です。
そんな人の心の糧となる雑誌として創刊されました。

『致知』という名前は中国の古典『大学』にある「格物致知」に由来します。
とかく現代人は、知識や情報にとらわれがちです。
人間本来の叡智とは、
「実際に物事にぶつかり体験することで初めて生きる力になる」
と考えのもと、
実践を通して本物の叡智を身につける、
という意味を込めて、『致知』と名付けられました。

匠ソフトでは、この致知を購読し、自分に適用できることや
気がつかされたことなどを、書き留めております。
旭川木鶏クラブでの読書会で発表するときの原稿ともなっております。
自己研鑽のために、致知を用いております。

致知は、
いつの時代にも
仕事に、人生に真剣に取り組んでいる人がいます。
有名な人、無名な人を問わず、どんな世界でも各界で一所懸命に生きている真実の人たちがいます。そういう真実の方たちの体験という英知に学ぶことができるのが、『致知』です。
そんな人の心の糧となる雑誌として創刊されました。

『致知』という名前は中国の古典『大学』にある「格物致知」に由来します。
とかく現代人は、知識や情報にとらわれがちです。
人間本来の叡智とは、
「実際に物事にぶつかり体験することで初めて生きる力になる」
と考えのもと、
実践を通して本物の叡智を身につける、
という意味を込めて、『致知』と名付けられました。

匠ソフトでは、この致知を購読し、自分に適用できることや
気がつかされたことなどを、書き留めております。
旭川木鶏クラブでの読書会で発表するときの原稿ともなっております。
自己研鑽のために、致知を用いております。