読後感

迷睡昏々たり

~ 人間学ばないというと、 藤樹先生の言う通り 「迷睡昏々たり」 ・・・ 「学べば明覚惺々たり」 ・・・ 学んでも覚めなければ学ばざるに等しい ~ 学ぶことは目的ではありません。 覚めるため 迷睡昏々の自身を呼び覚ますた […]

コメントなし

九患、その1

この言葉を目にしましたのは、 恐らく、20代前半、東京のソフトウェア開発の会社で上司だった部長が作成していた 「虎の巻」に書かれていた言葉だったと記憶しております。 その「九患」のひとつ  ~ 志有るも時無し ~ を味わ […]

コメントなし

変えてはならぬものを定義するならば

魂を伝えていきたいですか? 一念を貫くために、ホームページをご利用してますか? 大義を全うし、誇りをもって歩まれる方の本懐を遂げるため、 匠ソフトは存在しております。 深く、あくまでも誠実であれ。・・・何故なら、一人の人 […]

コメントなし

名将に学ぶ

魂を伝えていきたいですか? 一念を貫くために、ホームページをご利用してますか? 大義を全うし、誇りをもって歩まれる方の本懐を遂げるため、 匠ソフトは存在しております。 深く、あくまでも誠実であれ。・・・何故なら、一人の人 […]

コメントなし

トイレの神様

過去の肥やしが生きております 致知:12月号より~営業力 イエスの人から紹介をもらうのは三流だ。 ノーの人からこそ紹介をもらえ。 匠eyes ごもっとも。 私は根が単純で思慮が浅いものですから、 この匠ソフト創業当初は、 […]

コメントなし

死する時、握れるものが必要か

豊かさの意味を問う 致知:12月号より~経済至上主義 儲けるために医者という仕事を選んだやつに躰を預けるか。 一人でも多くの人を救いたいという思いで医者になった。 医者という生き方を歩んでいる人に躰を預けたいだろう。 同 […]

コメントなし

後に、金の亡者となり先哲の精神を台無しにした最悪の世代と言われるのであろうか

志高く 致知:12月号より~精神を尊ぶ 「何事ににも依らず形跡に拘泥せずして、 神理を会得することを要にて」 〜古人の教えに学ばなくてはいけないけれども、ただ形跡を学ぶのではなく、 何よりもその精神を貴ばなくてはいけない […]

コメントなし

悪い案

恐れないで信念を全うする 致知:12月号より~悪い案 悪い案も出せない者に、良い案が出せるか 匠eyes この一文には、私自身励まされる思いと、 冷静に自分を省みる思いに駆られております。 私の仕事は、お客さまのホームペ […]

コメントなし

ヒット商品発想法

お客さんに喜んでもらえる物をつくろう 致知:12月号より~ヒット商品発想法 発想力を本当に活かそうとすれば、口だけでなく それを実現するという覚悟が必要となります。 その覚悟なくしては、たとえどんなに良いと思われる アイ […]

コメントなし

名将の発想力1

秀吉の中国大返し 致知:12月号より~名将の発想力1 信長の仇討ちを決断した秀吉が毛利方と和睦を結ぶ時、 黒田勘兵衛が小早川隆景から毛利の旗を20本ほど借り受ける。 尾崎辺りまで来たとき、その旗を陣中に立て始める。 ~光 […]

コメントなし