Category Archives: 自己研鑽

能力改革のための取り組みについて

  • 社会から愛される

    Posted on 2014年12月1日 by takumisoft-wemaster in 致知.

    致知:12月号より~社会から愛される 社会から愛されている建物であれば、 それが紙の建物であっても私は百年でも二百年でも残るのです。 社会から愛されていない建物は木造より早く解体される運命にあると思う。 ~人から愛される […]

    Post Tagged with
    Continue Reading...
    社会から愛される はコメントを受け付けていません。
  • 建築の常識を越える

    Posted on 2014年12月1日 by takumisoft-wemaster in 致知.

    致知:12月号より~建築の常識を越える 大事なことは素材をどう使うか どう設定して、 どう構造計算するか 木よりも弱い材料である紙であっても、 十分建築として成り立つ ~ 可能性からの発想 匠eyes 素材をどう使うか。 […]

    Post Tagged with
    Continue Reading...
    建築の常識を越える はコメントを受け付けていません。
  • ブランドはこうして創る

    Posted on 2014年12月1日 by takumisoft-wemaster in 致知.

    致知:12月号より~ブランドはこうして創る 突出した能力のない私たちにとって 発想力というのは、知恵を振り絞り 努力を重ねて生み出すもの 匠eyes ひとつの事に夢中になって、邁進しておりますと、 多少なりとも手練れにな […]

    Post Tagged with
    Continue Reading...
    ブランドはこうして創る はコメントを受け付けていません。
  • 郷土に対する誇りを持つ

    Posted on 2014年12月1日 by takumisoft-wemaster in 致知.

    致知:12月号より~郷土に対する誇り 郷土に対する誇り、安心安全、そして夢が必要 匠eyes 狭義は、旭川 広義は、日本 私の狭き交友関係の中でも 旭川について語らう時がございます。 旭川在住の仕事の関係者と話しを致しま […]

    Post Tagged with
    Continue Reading...
    郷土に対する誇りを持つ はコメントを受け付けていません。
  • 執念

    Posted on 2014年12月1日 by takumisoft-wemaster in 致知.

    致知:12月号より~執念 執念 匠eyes あまり良い言葉の印象がない言葉ですが、 ここ一番、一極集中して力を発揮しようとしますとき、 執念でやり遂げる強い心が、私には必要であることを 改めて考えさせらましたのでございま […]

    Post Tagged with
    Continue Reading...
    執念 はコメントを受け付けていません。
  • 致知6月より~長の一念

    Posted on 2014年11月29日 by takumisoft-wemaster in 致知.

    長の一念より 致知:6月号より~長の一念 なぜ自分が選ばれたのか分からない。 ただ一つ、これかなと思うものがある。 それは、ここを離れないという一事。 どんなことがあっても、ここから離れない。 ここを見限らない。 ここに […]

    Post Tagged with
    Continue Reading...
    致知6月より~長の一念 はコメントを受け付けていません。
  • 致知6月号~長の2つの条件

    Posted on 2014年11月28日 by takumisoft-wemaster in 致知.

    2つの条件 致知:6月号より~二つの条件 すぐれた長には、共通して二つの条件があることを強く感じる 一つは、修身 二つは、場を高める 修身~気まま、わがまま、ムラッ気を取り去る。 修身とはこのことである。公平無私、自己犠 […]

    Continue Reading...
    致知6月号~長の2つの条件 はコメントを受け付けていません。
  • 素直さ

    Posted on 2014年11月27日 by takumisoft-wemaster in 菜根譚.

    菜根譚を親しむ part.1 菜根譚~素直さ 涉世淺、點染亦淺、歷事深、機械亦深。 故君子與其練達、不若朴魯、與其曲謹、不若疏狂。 匠eyes 世の中に出ますと、私どもは多少の點線も気にならなくなるものでございます。 こ […]

    Post Tagged with
    Continue Reading...
    素直さ はコメントを受け付けていません。
  • 湯恩伯

    Posted on 2014年11月25日 by takumisoft-wemaster in 安岡正篤師.

    組織盛衰の原理より 湯恩伯という方の話が語られております。 日露戦争を研究された湯恩伯氏が、ポーツマス条約の一場面に 痛く影響を受けておられたようで、伊藤博文と桂小五郎が、 ポーツマス条約の締結に尽力された小村外相を、敵 […]

    Post Tagged with
    Continue Reading...
    湯恩伯 はコメントを受け付けていません。
  • 致知12月号の特集より

    Posted on 2014年11月1日 by takumisoft-wemaster in 致知.

    執念 執念 あまり良い言葉の印象がない言葉ですが、 ここ一番、一極集中して力を発揮しようとしますとき、 執念でやり遂げる強い心が、私には必要であることを 改めて考えさせらましたのでございます。 どこか、自分が利口そうに振 […]

    Post Tagged with
    Continue Reading...
    致知12月号の特集より はコメントを受け付けていません。