Monthly Archives: 11月 2014

  • 致知6月より~長の一念

    Posted on 2014年11月29日 by takaitakai in 致知.

    長の一念より 傾聴し練達することで、ホームページの運営の真価を問います 魂を伝えていきたいですか? 一念を貫くために、ホームページをご利用してますか? 大義を全うし、誇りをもって歩まれる方の本懐を遂げるため、 匠ソフトは […]

    Post Tagged with
    Continue Reading...
    致知6月より~長の一念 はコメントを受け付けていません。
  • 致知6月号~長の2つの条件

    Posted on 2014年11月28日 by takaitakai in 致知.

    2つの条件 傾聴し練達することで、ホームページの運営の真価を問います 魂を伝えていきたいですか? 一念を貫くために、ホームページをご利用してますか? 大義を全うし、誇りをもって歩まれる方の本懐を遂げるため、 匠ソフトは存 […]

    Continue Reading...
    致知6月号~長の2つの条件 はコメントを受け付けていません。
  • 素直さ

    Posted on 2014年11月27日 by takaitakai in 菜根譚.

    菜根譚を親しむ part.1 傾聴し練達することで、ホームページの運営の真価を問います 医療であれば患者の命を救うため、健康を守るため・・・ 大義を全うし、誇りをもって歩まれる方の本懐を遂げるため、 匠ソフトは存在してお […]

    Post Tagged with
    Continue Reading...
    素直さ はコメントを受け付けていません。
  • 湯恩伯

    Posted on 2014年11月25日 by takaitakai in 安岡正篤師.

    組織盛衰の原理より 湯恩伯という方の話が語られております。 日露戦争を研究された湯恩伯氏が、ポーツマス条約の一場面に 痛く影響を受けておられたようで、伊藤博文と桂小五郎が、 ポーツマス条約の締結に尽力された小村外相を、敵 […]

    Post Tagged with
    Continue Reading...
    湯恩伯 はコメントを受け付けていません。
  • 致知12月号の特集より

    Posted on 2014年11月1日 by takaitakai in 致知.

    執念 執念 あまり良い言葉の印象がない言葉ですが、 ここ一番、一極集中して力を発揮しようとしますとき、 執念でやり遂げる強い心が、私には必要であることを 改めて考えさせらましたのでございます。 どこか、自分が利口そうに振 […]

    Post Tagged with
    Continue Reading...
    致知12月号の特集より はコメントを受け付けていません。