• 素直さ

    菜根譚を親しむ part.1

    菜根譚~素直さ
    涉世淺、點染亦淺、歷事深、機械亦深。
    故君子與其練達、不若朴魯、與其曲謹、不若疏狂。
    匠eyes
    世の中に出ますと、私どもは多少の點線も気にならなくなるものでございます。
    これが利害関係を生ずることになりますと、いけません。
    露骨に點線が染み出てまいります。世の中には、大変利口な大人がたくさんおりまして、
    策略、権謀術に長けた方がおられます。このような方を見ておりますと、
    私などは赤子のように、すぐに捻られてしまいますので、できる限り阿呆になりまして、
    あまりヤラレナイヨウに身構えることがございます。
    さて、話を戻しますが、果たして君子はどのような人物であるのか、見てまいりますと、
    世の中に練達した者ではなく、朴魯なるに若かず とございます。
    朴魯とは、純朴魯鈍とのことで、字づらをみますと、純粋の純と、鈍いの鈍が入ってきておりますので、何となく意味あいが感じられます。意味の講釈は他に譲るとしまして、要するに、
    良い意味と悪い意味の2つを併せ持った言葉でございましょう。

    ・・・君子とは、世の中に精通した錬磨された者よりも、
    鈍いくらい純粋なほうがよろしい・・・

    それくらいの解釈で私は捉えております。
    この一文から、改めて「素直さ」が如何に、人間の徳性で大切なかということが
    伺えるのでございます。周りから狂っておると思われるくらいで良いと結ばれておりますから、
    相当に「純」と「鈍」が極まった状態に感じられますが、
    世の點線はいかに、人を害するかを示唆しているのではないでしょうか。

    時に、人が夢や信念を語りますとき、
    その素直さや純粋さが人を動かすのでございます。
    ある小学校6年生の男の子の作文を見たいと存じます。

    ~将来の夢は、一流のプロ野球選手になることです。その球団は、中日ドラゴンズか
     西武ライオンズです。ドラフト入団で契約金は1億円以上が目標です。~

    文面は少し異なるかもしれませんが、概ねこのような内容でございます。
    『心に響く小さな5つの物語』より
    ぜひ、実際に本を手にとってご覧いただけますと、よろしいかと存じますが、
    この小学校6年生の夢を聞いて、私どもは何を心に感じたでありましょう。
    素直で真っ直ぐな思いに、共感した方もおるでしょうし、
    「世の中そんなに甘くはないよ」と點線が染み出た方もおられるでしょう。
    実は、私は残念ながら後者の感覚をもったのでございます。
    本当お恥ずかしい限りでございますが・・・

    しかし、さらに残念でありましたのは、そんな點線が染み出た自分に気づくのは、
    作者の名前を聞いてからでありました。

    この小学校6年生の作者のお名前は、「鈴木一郎」さんでありました。
    「イチロー」と言えば、あの人が!!となることでありましょう。

    素直さ、純粋さ、どこかに置いてきてはいないでしょうか。
    そう思わされるのでございました。

    傾聴し練達することで、ホームページの運営の真価を問います

    医療であれば患者の命を救うため、健康を守るため・・・
    大義を全うし、誇りをもって歩まれる方の本懐を遂げるため、
    匠ソフトは存在しております。






    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    深く、あくまでも誠実であれ。・・・何故なら、一人の人間にとって深く真実であるものは、
    全ての人にとっても、そうだからである。

    Post Tagged with
Comments are closed.