• 社会から愛される

    致知:12月号より~社会から愛される
    社会から愛されている建物であれば、
    それが紙の建物であっても私は百年でも二百年でも残るのです。
    社会から愛されていない建物は木造より早く解体される運命にあると思う。
    ~人から愛される仕事(商品)を世に出す

    匠eyes
    同じように、社会から愛されていない事業者は解体される運命にあるのでございましょう。
    「愛されておるか。」
    自分の事業を見ます時に、
    お客さまが平穏無事に業務ができている時、つまり私の存在が無に近い時と、
    トラブルに巻き込まれて、私の存在が表に出てきたときの、2つの相反する場面を思うのです。
    弊社の事業は、愛される存在というよりも、
    「良きに計らえ」と指令を受ける場面の多い仕事でございます。
    結果をだす
    というのが、最大の使命なのかもしれません。
    そのため、愛されようという意識よりも
    「惚れて惚れて惚れ抜こう」という意識の方が強くなるのでございます。
    お客さまに、お客さまのご商売に、
    「惚れて惚れて惚れ抜こう」
    という意識を持ちませんと、ここ一番、踏ん張りが必要なときに、いけません。
    ちょくちょく出てまいりますが、確固たる覚悟をもって、
    「良きに計らえ」の難局と対峙しなくてはなりませんので、
    このような意識になるのでございましょう。

    匠ソフトは、「愛される事業者」ではございません。

    お客さまと、お客さまの事業を「惚れて惚れて惚れ抜こう」とする事業者でございます。

    傾聴し練達することで、ホームページの運営の真価を問います

    魂を伝えていきたいですか?
    一念を貫くために、ホームページをご利用してますか?
    大義を全うし、誇りをもって歩まれる方の本懐を遂げるため、
    匠ソフトは存在しております。






    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    深く、あくまでも誠実であれ。・・・何故なら、一人の人間にとって深く真実であるものは、
    全ての人にとっても、そうだからである。

    Post Tagged with
Comments are closed.