• 悪い案

    恐れないで信念を全うする

    致知:12月号より~悪い案

    悪い案も出せない者に、良い案が出せるか
    匠eyes
    この一文には、私自身励まされる思いと、
    冷静に自分を省みる思いに駆られております。
    私の仕事は、お客さまのホームページを如何に「活かすか」
    というのが、全てのお客さま共通の命題だと思っております。

    活かしたいという思いと、提案が受け入れていただけない時など、
    自分の無力さにこの上ない敗北感を負うのでございます。
    もちろん、全てが最良の提案であると思って提案しておりますので、
    お客さまに相手にしてもらえない、無視された状態になると、
    結構精神的に応えるのでございます。
    まあ、それを生業にしておる訳ですから、このような状態は覚悟して
    かからないとなりません。

    私の提案は、恐らく相当の確率で撃沈しております。
    1ヶ月に100程度は、提案しておるはずですから、
    年間にして、1,200、今までだと、12,000に
    なる計算でございます。
    必死に数字を読んで考えて、悪い案として評されて沈没するなら良し。
    何もしないで、お客さまのホームページを「活かす」手立てを考えず、
    お客さまのホームページが陳腐化して沈没するなら、後悔が残ります。

    良い案ではないかもしれない。
    しかし、私自身が「これは・・・」と思ったことは、誠心誠意ご提案いたします。
    そんな気持ちを鼓舞してくれる一言でございました。

    傾聴し練達することで、ホームページの運営の真価を問います

    魂を伝えていきたいですか?
    一念を貫くために、ホームページをご利用してますか?
    大義を全うし、誇りをもって歩まれる方の本懐を遂げるため、
    匠ソフトは存在しております。






    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    深く、あくまでも誠実であれ。・・・何故なら、一人の人間にとって深く真実であるものは、
    全ての人にとっても、そうだからである。

    Post Tagged with
Comments are closed.