• ヒット商品発想法

    お客さんに喜んでもらえる物をつくろう

    致知:12月号より~ヒット商品発想法

    発想力を本当に活かそうとすれば、口だけでなく
    それを実現するという覚悟が必要となります。
    その覚悟なくしては、たとえどんなに良いと思われる
    アイデアであっても陽の目を見ることがありません。

    身銭を切るくらいの勇気が持てなければ
    何事も実現できません。

    企業というのは、そこにいる人間が動かされているのだから
    良好な人間関係を築けずして何事もなし得ない。

    思いつきや直感だけではいずれ行き詰まるから、
    理論的な思考やデータ分析、リサーチの知識をはじめ、
    企画の立て方から、企画の通し方など基礎的なことを学ぶ。

    自動販売機に商品を補充する時、
    衝撃で瓶が割れてしまったら、
    後始末に何時間もかかる。
    ~アイデアを生み出す源泉は現場にある

    潜在ニーズ 簡単に言えば、お客さんが欲しいと気づいて
    いなかったもので、ある商品を見た瞬間に
    「これが欲しかったんだ!」と感じてもらえるもの
    顕在化された意識の下に広がる
    「無意識」の世界に潜む欲求に気がつけるか?

    特定の商品に関するお客さんの不満や文句を引き出す
    多くの場合、その中から何かしらの不足を感じることを
    示唆する「心の声」が潜んでおり、それをぶつけ合わせる。

    何ごとにおいても「できないと言わない。思わない。」こと
    壁は突破することに意義がある。

    人を喜ばせたいというシンプルな気持ちを忘れない。
    潜在ニーズは人の心であり、その心の中に潜む
    喜びのポイントを見つけ出そうとうする姿勢こそが、
    発想力を湧きたたせる源泉となる。

    匠eyes
    覇者の強い言葉を感じております。ヒット商品を世の中に出してきた
    御仁のストイックさと直向きさは、耳が痛くなるほど響いてまいります。
    さて、最初のくだりで、実現するという覚悟が必要とございますが、
    この後の文面を一部割愛しておるため、行間が読めぬと思います。
    私は~覚悟を決め、実践すること~ 
    と受け止めました。

    この方は並々ならぬ行動力がおありのためか、
    文章の中に書かれておりますのは「心構え」的な部分であります。
    実行に移すのは至極当然のことであるとして、受け止められると
    良いかと存じます。
    多少言葉は乱暴でございますが、上から順番に行動に移す言葉に
    変換してまいります。

    1.アイデアを出す
    2.自分に投資をする
    3.良好な人間関係を築く努力をする
    4.貪欲に学ぶ
    5.現場に出向き、問題意識を持って現場で学び取る
    6.欲求に気づくためアンテナをはる
    7.苦情と向き合い、何を成すべきか模索する
    8.あきらめない
    9.「なんのために」行動しているのかブレずに遂行する

    ということでありましょうか。
    精神と行動が伴って、現実のギャップが見えて参るでしょう。
    ギャップを埋めるのか、捨てるのか・・・
    こうなってきますと、競争戦略論に突入してまいりますので、
    またの機会にいたしましょう。

    お客さまの笑顔のために・・・

    良い言葉でございます。

    傾聴し練達することで、ホームページの運営の真価を問います

    医療であれば患者の命を救うため、健康を守るため・・・
    大義を全うし、誇りをもって歩まれる方の本懐を遂げるため、
    匠ソフトは存在しております。






    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    深く、あくまでも誠実であれ。・・・何故なら、一人の人間にとって深く真実であるものは、

    全ての人にとっても、そうだからである。

    Post Tagged with
Comments are closed.